焦燥感の原因を知り、改善していこう!

焦燥感って何?

焦燥感(しょうそうかん)と聞いて、あまり聞き覚えがない言葉だなぁと思った方は結構多いと思います。

 

焦燥感とは、不安や焦り、イライラしたりソワソワしたりなど、人間の不安の感情の一つです。

 

誰しも、この焦燥感を経験したことはあるはずです。

 

しかし、何も理由もなく不安やイライラなど、焦燥感を感じてしまうという方も結構います。

 

このサイトではそんな方々のために、その原因を知ってもらい、

 

改善方法も紹介していきますのでぜひじっせんしてみてください!

 

 

 

理由もなく焦燥感を感じてしまう原因とは

 

上で言っていた通り、何の理由もなく焦燥感を感じてしまう方は結構います。

 

ではなぜそんなことが起こるのか、その原因はストレスによるものが多いです。

 

ストレスがどのように関係しているのか

 

ストレスによる身体への影響はたくさんあるのですが、

 

その中の一つに自律神経の乱れがあります。

 

自律神経とは体の内部的な部分をコントロールしている神経です。

 

例えば、呼吸、心拍、発汗、排便など、生きていくには必要不可欠な神経です。

 

ですが自律神経は自分の意志ではコントロールすることができないうえに、

 

ストレスの影響を受けやすい神経です。

 

自律神経は交感神経、副交感神経に分けられます。

 

交感神経とは身体を活発に動かすときに優位になります。

 

反対に副交感神経とは体をリラックスさせているときに優位になります。

 

この二つの神経は交互に働くのですが、ストレスにより自律神経がダメージを受け、

 

メリハリがなくなってしまい、日中に眠れなくなったり、夜に眠れなくなったり

 

するなどの影響が出てしまいます。また、精神的にもダメージを与えてしまうので、結果

 

何も理由がないときに不安になったり、イライラしたりなど、焦燥感が起きてしまうのです。

 

つまりストレスによる自律神経の乱れで、焦燥感が起きてしまいます。

 

 

 

 

どうやって焦燥感を改善していくの?

 

ストレスがなくなればいいのですが、この現代社会においてそれは

 

どうしても無理な話です。ですが、ストレスを緩和することはできます。

 

 

周りのストレスに感じる出来事を変えることよりも、自分の物事へのとらえ方を少し変えてみましょう!

 

ストレスをため込んでしまう方は気がやさしく、周りの人のこともしっかり

 

考えてくれる人が多いです。ですが、自分ばかりが周りに気を使っていると、自分にばかり

 

負担が積み重なってしまいます。また、自分ができないものをすべて自分のせいにして、

 

自分を責めたり、周りからの劣等感を感じたりなど、ストレスの原因をたどれば

 

たくさん出てきます。そんな方にお勧めの考え方を紹介します。

 

すべてやるのは大変ですが、少しだけでも実践していただけると幸いです。

 

 

こんな考えを持ってみてください!

 

・自分はいい人じゃない。

 

 

・自分にできるのはこの程度までだ。

 

・自分はこんな人間だ。

 

・嫌われるのは悪いことじゃない。

 

・自分のことを嫌いな人は自分は嫌いだ。

 

・自分の好きでこの会社にいるんだ。嫌になったらやめる。

 

・選択肢は自分で選ぶ。

 

 

 

以前焦燥感に悩んでいた方はこのような考え方、ある意味開き直ったことで、

 

 

気が楽になり焦燥感も起きなくなったと教えてくれました。

 

またアロマやハーブティなど、副交感神経を活発化させ

 

リラックスできるようにするのも効果的です。

 

私はこのmicocoティーモーニングアップブレンドというお茶も飲むのもお勧めします。

 

もし少しでも同じことで悩んでいる方の力になれば幸いです。